夢広がる和賀山塊 高下岳 2020:02:27:20:14:08

夢広がる和賀山塊 高下岳
ロックオン

2月15~16日、当初和賀岳縦走を計画していた。
普段ほとんど話す時間の取れないメンバー3人は錦秋湖SAで早朝ミーテイング。
気象条件を総合すると停滞が許されない我々「Weekend Climber」にとって和賀までの深入りはリスクが高いと判断し、高下岳までのピストンに決まった。
それでも、今日は強風ながら好天予報!期待に胸をふくらませての出発となった(8:00)。

長い林道歩きのあと、徐々に高度を上げていくがここも暖冬のせいか雪が少ない。
途中、地元の日帰りパーティお二人の話では例年の半分とのこと。
テン泊重装備に喘ぎながら標高890mの樹林帯にベースキャンプを設営する(11:30)。

身軽になり足取り軽く高下岳山頂を捉える頃は青空が広がった。
森林限界を過ぎると今週の降雨と再凍結の影響であろう、斜面全体が縦溝の入ったアイスバーンとなっていた。
シールの効きを確認しながら高下岳山頂に飛び出すと目の前に和賀山塊が広がった(13:30)。

次回の備え入念に和賀までのルートを確認し、往路以上に慎重にアイスバーンの山頂を下った。
キャンプ地では、山話に花が咲き夢広がる夜となった。

夢広がる和賀山塊 高下岳
期待
夢広がる和賀山塊 高下岳
林道長っ!
夢広がる和賀山塊 高下岳
高下岳登山口
夢広がる和賀山塊 高下岳
青空
夢広がる和賀山塊 高下岳
SHOWTIME(和賀岳を背に)
夢広がる和賀山塊 高下岳
根菅岳
夢広がる和賀山塊 高下岳
縦溝アイスバーン
夢広がる和賀山塊 高下岳
Myhome