雪山シリーズ最終章、湯殿山 2019:04:21:12:13:30

雪山シリーズ最終章、湯殿山
石跳川沿いに北上

2018-2019年 雪山登山もいよいよ今日が最後。
8時30分、スキー隊4名、ワカン・スノーシュー隊11名でネィチャーセンターを出発。装束場経由で湯殿山を目指す。
風も無く最高のコンデション。出羽三山の神々に感謝感謝。振り返れば朝日連峰の山々が美しい。

予想以上に石跳川は深い雪に埋っていて、下山の渡渉も問題ないようである。
前方左手に湯殿山南東尾根が白く輝いている。青空とのコントラストが何とも言えない。快適な春山山行の気分だ。
姥ケ岳から数人のスノーボーダー達が滑降してきた。今日の月山は人出が多い。

10時40分には装束場手前を曲がり、湯殿山頂上に向かう。途中、赤い鳥居の湯殿山神社を見降ろす。
三山の中では「来世」の浄土を司ると言われるが、さて、来たる「令和」はどんな時代になるだろう?

11時30分、湯殿山に無事到着。大勢の登山客で一杯だ。やや雲が出てきたが、360度のパノラマを楽しむ。
かすかに南蔵王連峰も遠望できた。

腹ごしらえをして、下山。スキー隊はシールを外して、さっそうと斜面を滑る。我々も急斜面で尻滑りを楽しむ。
ナラ林の樹林帯を抜け、石跳川も無事渡り、13時40分には駐車場に着いた。

無事、最終回を完了し、仲間に大感謝である。帰ったら祝杯を上げよう!


雪山シリーズ最終章、湯殿山
湯殿山を目指して 出発!
雪山シリーズ最終章、湯殿山
湯殿山南東尾根対岸で一本
雪山シリーズ最終章、湯殿山
目指す山頂はもうすぐ
雪山シリーズ最終章、湯殿山
北斜面の下にたたずむ神社
雪山シリーズ最終章、湯殿山
樹林帯を滑る
雪山シリーズ最終章、湯殿山
渡渉地点で合流
雪山シリーズ最終章、湯殿山
笑顔でポーズ