煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳 2019:03:07:23:47:11

煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
朝日連峰がまぶしい(赤見堂山頂)

今年の冬は雪が少なく昨年以上に雪解けも早いようだ。というわけで昨年より1ヶ月近く予定を繰り上げ3月3日石見堂・赤見堂を実施した。

6:20国道112号大越川右岸から北尾根ルートへ向けて出発すると、なんと標高800m付近で既に雪が切れている(想像以上に雪が少ない)。
それでもお天気に恵まれ、月山・姥が岳・湯殿山に見守られながら順調に高度を上げていく。

980ピークでは既に雪庇の崩壊が始まっておりスキーを担いで慎重にクリア。それからも小さなアップダウンを繰り返し石見堂岳に到着(10:20)。

山頂で景色を堪能してからいよいよ赤見堂へ出発。最初は80mのダウンヒル。赤見堂はすぐそこに見えているのになかなか近づかない。周辺の絶景に勇気をもらいながら12:45赤見堂岳到着。

復路は一気に滑り降りるとはいかず、往路同様滑ったり登り返したりを繰り返し、駐車場に着く頃には月山が夕焼けで真っ赤に染まっていた。

煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
爽やかな朝
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
980ピーク
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
どこまでも広い尾根
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
石見堂山頂
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
「赤見堂行くひとー」「ハーィ!」
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
目指す頂
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
午後の陽差し
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
何時までもここに居たい
煌めく峰々 石見堂岳・赤見堂岳
最後の登り返し