第24回足尾植樹デーに参加 2019:05:03:14:15:15

第24回足尾植樹デーに参加
今年は斜面の上部です

4月27、28日と今年も栃木県の旧足尾銅山の植樹デーに8名で参加してきました。

「春の植樹デー」は旧足尾銅山の煙害で荒れ果てた山の再生に取り組む、日光市のNPO「足尾に緑を育てる会」が主催しています。

27日は1100名の参加があり、今年で24回目でこれまでに約10万本の苗木が植えられた由、100年かけて足尾に緑をとり戻すという壮大な事業です。

今回は、仙台からドングリの苗木を10本持参しました。現地で頂いた苗木と合わせて36本もの植樹に汗を流しました。

午後は、足尾銅山の歴史を観光銅山で学習しました。備前楯山の地下には合計1200kmに及ぶ坑道が掘られていると記されていました。

夕刻より栃木県連で所有する民家に集い、栃木と千葉県連の皆さんと山談義・遭難の経験談など、大変有意義な時間を過ごしました。

28日は、日光市にある鳴虫山に登り、下山後は温泉で汗を落とし、仙台に戻りました。

第24回足尾植樹デーに参加
今年は斜面の上部です
第24回足尾植樹デーに参加
植え方はご指導付き
第24回足尾植樹デーに参加
大きく育ってよー
第24回足尾植樹デーに参加
学生も毎年来る
第24回足尾植樹デーに参加
成果は徐々に
第24回足尾植樹デーに参加
たくさん植えました