花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰 2018:07:08:10:53:53

花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
大朝日岳のY字雪渓もクッキリ

6~7月にまたがる会山行は古寺鉱泉一泊 で 大朝日岳までの日帰りピストン計画。
梅雨とは思えないほど視界の効く晴天にも恵まれ、残雪の美しい朝日連峰の山々そして見頃を迎えたヒメサユリの花を堪能してきました。
大朝日山頂までは行けななかったものの熊越過ぎた銀玉水手前のヒメサユリ群生地までは行くことが出来ました。

ヒメサユリ(姫小百合)は別名で本名はオトメユリ(乙女百合)だそうです。
ウィキペディアによると 日本特産のユリで、宮城県南部、及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、吾妻山、守門岳、朝日連峰、周辺にしか群生していない貴重な植物・・・と書かれてあります。

花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
古寺鉱泉(朝陽館)を早朝に出発
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
小朝日に近づくとヒメサユリのウェルカムフラワーが始まります
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
上を見上げるとベニサラサドウダン
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
ニッコウキスゲとコラボする場所も
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
アカモノ(イワハゼ)の花もびっしりと
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
ノウゴウイチゴ (花弁が7~8枚なので)
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
残雪の美しい大朝日~中岳~西朝日の主脈
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
乙女百合と乙女達
花だより ヒメサユリ咲く朝日連峰
祝瓶山を背景に