花だより 氾濫原 2017:05:18:21:03:08

花だより 氾濫原
ニリンソウの小径は氾濫原400~500mほど続きます

先週末の公開山行の氾濫原が雨で中止となりましたので、天気も安定して来た昨日に行ってみました。
5月の声を聴くと年に一度は必ず訪れてみたい場所です。

縄文の森遊歩道をまず大倉山に登ってから氾濫原に降りて桑沼林道に戻る、公開山行計画と同じ右回り周回でした。

今年は雪解けも遅かったせいか目当てのニリンソウの群落はまだまだ見れる状態でした。

残念ながら大倉山山頂北斜面のシロヤシオ群落はまだ花が見られませんでしたが、森遊歩道脇に咲く草花も歩きながら結構楽しめました。

5月の風と光と花と緑と、まさに山笑う時期の清々しく爽やかな一日でした。

花だより 氾濫原
エゾエンゴサク(葉の切れ込みが深いのがヤマエンゴサクだそうです)
花だより 氾濫原
タムシバ(花の直ぐ下に葉が無い、コブシには葉があるそうです)
花だより 氾濫原
ニリンソウの花はまだ見頃
花だより 氾濫原
カツラの大木や大倉沢の流れを眺めながら
花だより 氾濫原
シラネアオイはこれからが見頃です
花だより 氾濫原
ミヤマカタバミ
花だより 氾濫原
オオカメノキの花が珍しく整然と並んで咲いていました
花だより 氾濫原
シロヤシオは大倉沢伏流地点附近まで来ると見られました
花だより 氾濫原
朽ち果てた倒木の上にタチツボスミレが固まって咲いていました