残雪に輝く穂高連峰 2017:05:08:21:21:50

残雪に輝く穂高連峰
鯉のぼりがアクセント

今年の連休は6日が仕事だったのと、昨年6月に怪我した足首がまだ万全ではないため、この時期登っている北穂高岳からの急斜面の下りは厳しいと思い、涸沢まで行って穂高連峰の眺めを楽しんできた。


2日に仕事が終わってから新幹線で東京へ。
3日松本から上高地、横尾山荘には夕方入る。

4日快晴の天気の中涸沢へ。涸沢には8:00に着くが人でいっぱい。
北穂、奥穂のルート上にもたくさんの人が連なっていた。

涸沢にいると、いつまでも景色を眺めていたいと思ってしまう。
何度も振り返りながらも、サクサクと歩き、予定よりも早く上高地に下山し、その日のうちに仙台帰着。

残雪期の涸沢は2010年以来だった。来年は北穂に登れますように・・・。

*横尾山荘で、連休中涸沢に常駐している長野県警救助隊の方の安全登山の講話を聞くことができた。
今年の北アルプスは天気状況で例年より雪崩が多いとのこと。
この時期3000mの山を登るために何が大切か再認識できた。

残雪に輝く穂高連峰
上高地から穂高連峰
残雪に輝く穂高連峰
横尾山荘前で登山者を見送る救助隊員の写真
残雪に輝く穂高連峰
横尾本谷から北穂高岳