春の訪れ ヒトリシズカ シュンラン 2017:04:17:20:55:01

春の訪れ ヒトリシズカ シュンラン
ヒトリシズカ

【花だより ヒトリシズカとシュンラン】
各地で 桜の桜の便りが聞かれる様になると 山にも遅い春が訪れて 山野草が咲きだします

雪解けを待って咲く花 雪解け水に咲く花

里から始まり 上へ上へと登って行きます

登山者と同じですね!

【ヒトリシズカ 一人静 】
花穂が一本 立つので一人静

義経の側室で悲しい運命を辿った 静御前のことです

四枚の葉に 優しく包まれ 清楚で 孤独な風情が 静御前の舞を思い起させる。


【シュンラン 春蘭】
早春 他のランより早く咲きます

別名<ほくろ> と呼ばれます

唇弁にほくろの様な斑点があります

塩漬けにした花を桜湯の様にして 飲む風趣があります<田舎では 飲んでました>。

春の訪れ ヒトリシズカ シュンラン
シュンラン