忘年山行 安達太良山 2016:12:29:22:22:34

忘年山行 安達太良山
忘年山行 安達太良山

一年の最後を締めくくる忘年山行は今年も安達太良山。
12月23日 一行の9人は順調に登山口の安達太良スキー場に到着したが、雨混じりの強風のため歩行は困難。
止む無くリフト待合室で待機となった。ルートを変更しくろがね小屋に直行し前泊と、リーダーから指示が出る。

雨もやや弱まり、約1時間の停滞の後、くろがね小屋を目指して出発。

積雪が少ない夏道は今年も暖冬少雪の兆しを見せていた。ヤバイ!
春ならばレンゲツツジの咲き誇る勢至平を経由して、11:30くろがね小屋に到着。
チェックインの後、早速、名物の温泉にザブン。外は風地獄、中は極楽湯。(宿賃も500円値下げが嬉しい)

各自が持ち寄った珍味と豪勢な手料理を頂きながら、忘年の宴が楽しく進行する。
この日のくろがね小屋はサプライズが2つありました。

一つは関東からきた若者達で "山小屋結婚式"が賑やかに挙行されたこと。
もう一つはNHK BS 「新日本風土記」の撮影・取材があり、われわれも画像に収まったこと。
来春1月27日に放映予定。果たして何秒映るか、否や。

翌朝は昨日の予想を裏切って、風は弱く空は青天、気温は0℃以下に下がったものの、絶好の「あだたら日和り」。
リーダーと山の神様に感謝。

アイゼンと目出し帽に武装して、いざ出発。夏道に沿って辻ノ峰に向かう。
積雪が少なく、アイゼンが岩に引っかかり登りにくい。
次第に風は強まりガスも発生したが鉄山や篭山、そして安達太良のTopも視界に入る。
冬山の美しさと厳しさを堪能。

8:50無事頂上に到達。寒さと感激に震えながら、記念撮影。猛烈な風に急き立てられるようにすぐ薬師岳・五葉松平に向けて下山を開始。
まだ雪の足りない登山道を黙々と下り、山行行動4時間を費やし、無事スキー場の下山口に到着した。

忘年山行 安達太良山
雪の無いくろがね小屋
忘年山行 安達太良山
峰ノ辻
忘年山行 安達太良山
サンタも登山
忘年山行 安達太良山
安達太良の山々