晩秋の七ツ森縦走 2016:11:21:22:45:14

晩秋の七ツ森縦走
蜂倉の降りはトラバースで緊張するところも

11月20日の会山行は七ツ森の縦走でした。
松倉・撫倉・大倉・蜂倉・鎌倉・遂倉・たがら森の順で登り、独立している笹倉山は除きましたが、それでも累計高度差1100m以上の登りとなります。

今回の会山行目的である冬山に向けての体力トレーニングには充分だったと思います。

信楽寺門前駐車場から歩き始めて約7時間半、ほぼ計画通りの時間で参加者全員無事に全山縦走が出来ました。
 無風で温度も高く、行動すると汗ばむ中でまだ晩秋の紅葉の残りを楽しみ,急峻な登り降りの繰り返し、梯子の降り、緊張のトラバース等々この変化のあるコースを楽しめました。

七ツ森は今回リーダーのホームゲレンデ。つい先日も数人で遂倉山周辺の登山道整備もしてもらっています。有難うございました。
それにこのコースはいろいろな種類の草花が見られるところと聞きました。来年の春には再度歩いて見ようかと楽しみにしています。

晩秋の七ツ森縦走
南川ダム湖から見た七ツ森
晩秋の七ツ森縦走
蜂倉山頂にて
晩秋の七ツ森縦走
女性陣も頑張りました
晩秋の七ツ森縦走
落ち葉を踏みしめ松倉から登り始めます
晩秋の七ツ森縦走
撫倉には梯子で降るところもあります
晩秋の七ツ森縦走
ところどころまだ紅葉の綺麗な木々が見られます
晩秋の七ツ森縦走
最後のたがら森まで到達
晩秋の七ツ森縦走
たがら森の降りは急峻で、
後ろ向きで降るところもあります
晩秋の七ツ森縦走
南川ダム下の車デポ地点に全員無事下山です