千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ 2016:08:01:20:52:24

千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
御室から虚空蔵山 優しい山並み

伊達政宗が羽後国皆瀬へ通じる道を開いた クラシックルートを登り、巡りました
今回は 世界谷地からのスタートです
これから 登る山道は ブナ原生林と呼ばれる広大な ブナ林の昼なを暗い林間を通り抜けます

大地森を ようやく抜けると眼前が パット開ける
御室の黒い岩壁帯が視野 イッパイに望まれる
その下部には 広大な高層湿原が広がる
積雪期とは異なる 優しい緑の湿原に変身です

この湿原は <雪田植物群落>と呼ばれ 春から夏の花が一斉に咲き出すので知られている
ここの メーインは <ヒナザクラ> です

虚空蔵山の登りにかかる、 御室の急斜面を登りきると 湯浜コースと合流 一面に広がる高層湿原を木道で下る

キンコウカ が 湿原を埋め尽くす やがて ブナ原生林を経て 羽後岐古道へ そして <千年くろべ> へ !!

今日の 道程は 本当に長かった!! 約 19、6 キロの道程 時間は 9.30 分の長丁場でした

千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
ブナ林に休憩Spaceがあり 天然木のテーブル
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
ギボウシ
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
あんなに有った雪が見事に消え
緑の高層湿原に変身
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
御室で休憩 後ろは栗駒山
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
栗駒山といえばヒナザクラ
山肌を白く染めます
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
小桧沢源頭の草原
フサガヤ、ヌマガヤの草紅葉が見事
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
虚空蔵山の高層湿原
キンコウカが黄金色に染める
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
千年くろべ
千年くろべと羽後岐古道 そして、ヒナザクラ
楽しいティータイム コーヒとカステラ