蔵王烏帽子の風 2016:07:19:21:38:07

蔵王烏帽子の風
カラマツソウ

山の仲間と蔵王烏帽子の風を感じました

梅雨の真っ只中に行われた蔵王烏帽子岳の公開山行。好天に恵まれ、烏帽子スキー場からとりつく。

沢の音を聞きながら、スキー滑走を想いながら登るも暑さに汗が噴き出す。一歩一歩が重く感じる。

この時期の登山は、いつも過酷で、苦しい思い出となっている。

それでも、参加メンバーと山の話、最近の出来事などを話しながら登っていると直に頂上に到着。

蔵王のさわやかな風に打たれながら、昼食。

雲に覆われている屏風岳、刈田岳の雄姿を想像するもの楽しい。

下山はおおむね時間通りに無事駐車場まで帰還した。


さて、公開山行も今回で10回目となりました。リーダーの方々には準備、調整、実施と多くの時間を労力を費やしていただき、かつ無事故で推移していることに感謝申し上げます。

公開山行は、まだ顔合わせもしない方々が参加するため、山行リーダーのプレッシャーも相当なものと思います。

今年もあと8回の公開山行が開催されます。引き続き、各山行リーダーの方々にはご協力をお願いします。

新しい山の仲間と山に登り、山を感じるために・・・

蔵王烏帽子の風
ゲレンデを登る
蔵王烏帽子の風
ハクサンシャクナゲ
蔵王烏帽子の風
ゴゼンタチバナ